よしもとの話

2019.07.22

- Contents

僕は大阪出身で、お笑いが大好きです。
昔からネタ番組を見るのも好きで、今でも劇場に足を運んでライブを見たりしています。

その中でもよしもとの芸人さんのネタやトークを見ることが多いんですが、
割りと“よしもとはギャラが安い”って良く話に出てくるんですよね。

だから、へぇ~そんなもんなんだ。と、そういう業界なんだなと、勝手に解釈していました。
でも今回こういった騒動があって、よしもとの社長がけっこうなバッシングを受けていますよね。

やっぱり“こういう業界だから、特殊な業界だから”は通用しない時代になってきたんだな、と思います。
むしろ特殊な業界であればあるほど、周りをよく見て進化していかないといけないのかもしれません。
特殊な業界は、言わば「せまい業界」な訳ですから、視野が狭くならないように注意が要りますね。

不動産業界もけっこうな「せまい業界」です。
未だに資料のやり取りにFAXを使っていて、30代の自分から見ても、歩みの遅い業界だと感じます。

在庫(空き状況)の管理は徹底されていないし、ちょっと物件を見に行くために何回も不動産会社とやり取りをしなくてはいけません。
契約するために何回も不動産会社に行かなければいけないですし、住んでから困ったことがあっても電話や郵送の手続きが多くあります。

「不動産業界ってそういうものだから」で終わらせてしまっていましたが、
僕たちの業界も変わっていかなければならない時が来ていると実感しました。

8月6日には東京でITシェアリング推進事業協議会が開催されるので、
変わるためのタネをたくさん手に入れたいと思います。


この記事を書いたスタッフ:

記事をシェアする

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内