【築年数】こだわる?妥協する?後悔しないために知っておきたいこと!

2020.07.09

良い物件なのに築年数だけが気になる…!!そんなことってないですか?そもそも築年数ってどこから妥協すべきか基準がとっても分かり辛いんですよね。そこで今回は、賢くお部屋を借りるために知っておいて欲しい築年数事情について解説させていただきます!

築年数ってこだわるべき?

実は、リクルート住まいカンパニーさんが行った「お部屋探しにおける条件の変更」アンケート調査でぶっちぎりの1位に選ばれたのは「築年数」だったんです!つまり多くの人が最終的には「築年数」で妥協しているんですよね。

「築年数が古い物件はなんとなく嫌だな~」と思いはするけれど「明確な理由はない」という人も多いのでは?もちろん「古いよりは新しい方がいい!」という感覚は分かります。ただ、漠然と築浅にこだわっていい物件を逃してしまうのも勿体ないですよね。

本当に築年数にこだわる必要があるのか、ここからはちょっと考えながらそれぞれのメリット・デメリットを見ていきましょう。

築浅のメリット・デメリット

新築や築浅物件は、やっぱり設備やデザインの新しさや使用感の少なさが魅力ですよね。何度も修繕やリノベーションを繰り返している物件と違い、お部屋全体のバランスも取れており、実際に見なくともある程度のクオリティは保証されています。ただ新しければ新しいほど、当然お家賃は高くなってきます。一般的に、新築から一年経つごとに家賃は千円下がると言われているくらいですから「新しいだけで高いなんて勿体ない!」と感じるのであればあえて築浅物件を選ぶ必要はないでしょう。

◎ただ、急な転勤でお部屋を内見する余裕がない場合や、会社から家賃補助が出るなどの理由から家賃をそれほど抑える必要がない場合は、より安定感があり「ハズレ物件」の少ない新築・築浅物件がおすすめですよ。

<要点>――――――――――――――――

・設備もデザインも新しくてきれい!
・その分、家賃が高い。
・忙しくて内見できない人に◎

――――――――――――――――――――

築古のメリットデメリット

築年数が古い物件を選ぶメリットは、新築とは逆でその安さ。とくに長く住むことを考えているのであれば、固定費である家賃はできる限り抑えたいところですよね。リノベーションされている物件であれば、ほとんど築浅と変わらない設備と見た目なのに家賃は安くなるのでかなりお得ですよ♪

ただ、家賃と間取りだけで飛びつくと痛い目を見ることもあるので要注意!リノベーションをしたお部屋の中には、リビングやキッチンなど主要部分だけ最新にして、トイレなどの水回り設備は古いままなど、アンバランスなつくりになってしまっている物件も多いんです。

他にも、和室から無理やり洋室に変更したためデザインがちぐはぐだったり、開ける度に扉同士が干渉して移動し辛い…などなど。リノベーションをしてぱっと見がきれいになっていても、後からいくつも粗が見えてくるリスクがあります。

◎築古物件を選ぶのであれば、とにかく慎重に。逆に言えば、じっくりお部屋探しに時間を割く余裕があるのであれば、家賃を抑えられる分、築古物件を検討する価値は十分あります!

<要点>――――――――――――――――

・家賃を抑えられる!
・ハズレ物件にあたるリスクあり。
・じっくりお部屋探しできる方には◎

――――――――――――――――――――

妥協するなら何年?

◎築20年
であれば妥協しても問題ないでしょう。

30年、40年前の物件であれば数年経つだけで、設備やつくりが大幅に変わることもありましたが、ここ数年は住宅設備もある程度の品質が担保されるようになりました。デザインには若干差が出るものの、使用感としてはそれほど変わらないと考えて大丈夫でしょう。ただ築何年の物件であっても、やはり築古物件を選ぶ以上はじっくりと時間をかけることが大切です。

◎また、築20年以上であっても、リノベーション物件であれば設備も内装も築浅と変わらないほどクオリティーの高いお部屋はたくさんあります!気になる物件があれば築年数だけで判断せず、内見して一度直接確認してみないと勿体ないですよ!

さいごに

築年数の古い物件を漠然と避けていては、新築同様のお得なリノベーション物件も逃してしまうかもしれませんよ!また「新築だから問題ないだろう」とよく調べもせずお部屋を決めてしまうと、音漏れのひどい木造や軽量鉄骨に当たってしまう可能性もあります。

新築にしろ、築古にしろ「安さ」には理由があります。決断する前に、物件情報をしっかり確認し、分からないことはどんどん不動産業者に質問しておきましょう。思い込みで良い物件を逃してしまわないよう気を付けて下さいね!


ico_clip この記事をクリップする

記事をシェアする

More search...

この記事を見た方に
おすすめの物件

全て見る
  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

この記事を見た方におすすめのコラム

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

タップで電話をかける
0800-222-9920
[受付時間]10:00〜19:00 水曜定休
[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内