家賃15万円のライフプランとは?

2018.07.20

家賃15万円のライフプランとは?

“家賃は自分への投資”と、考えてみると、お部屋探しの価値観もちょっと変わってきますよね。今回はそんなハイグレードゾーン、家賃15万円で想定した場合の、やライフプランをご紹介!


家賃15万円のマネープラン

▼家賃設定の基準は、手取りの3分の1!

家賃 手取り
60,000円 180,000円
80,000円 240,000円
10,0000円 300,000円
120,000円 360,000円
150,000円 450,000円

 

手取りで45万円ほどあれば、家賃15円のお部屋に住むことができます。ご夫婦で共働きの場合、家賃の目安は、手取り合計の25%になるので、二人の手取り収入を合わせて、60万円であれば可能です。

しかし、家賃や保険料などは固定費。一度決まってしまえばもう節約できない部分でもあるので、決断の際は慎重な判断が必要です。お稽古ごとにも興味があるし、週に一度はジムにも通いたい。海外旅行のために貯金もしたいし、子供を塾にも通わせなくちゃ。
etc etc…

生活費以外の出費って、意外に多いんですよね。生活を圧迫しないためにも、暮らしの出費がはっきりと定まっていない場合には手取りの4分の1を基準に家賃設定していただくことをおすすめします。ただ、こだわり抜いた環境で暮らし、“このお部屋に見合う自分でいよう!”とモチベーションを上げられるなら、家賃の割合を高くするのも◎


家賃15万円のライフスタイル

ビール片手に見晴らしのいい景色で一日の終わりにほっと一息。日当たりのいいサンルームで
ペットとごろごろひなたぼっこ。開放的なオープンキッチンで家族の顔を見ながらお料理。etc…
理想の部屋、理想の暮らし、誰でも一度は考えたことがあるはず。家賃を15万円に設定するということは、その理想をより現実に近づけること。

イケア・ジャパンが20代~30代男女1,600名を対象とし行った“幸福とお部屋環境に関する調査”で、幸せな人生を過ごすのに、部屋環境はどの程度重要かを尋ねたところ、幸せな人ほど重要度が高く、また居心地のいい部屋に住んでいる人ほど幸福度が高い、という結果が出ています。

15万円の賃料、確かに安くはないですが、ちょっと高めの賃料のお部屋をあえて選ぶ方の中には、
住まいそのものではなく、その向こう側にまで目を向けている人が多いのではないでしょうか?

“この家を守るために今日も仕事するぞ!”自己イメージを高めてワンランク上の自分を目指すなら、そのお部屋には賃料以上の意味が生まれますよね。家ばっかりは、損得だけでは割り切れないもの。またライフステージに合わせて住み替えをお考えの場合にもおすすめですよ。


お部屋探しはインテリアと合わせて。

家具が先か、部屋が先か。いずれにしても、しっかりお部屋のイメージを膨らませておくことが、失敗しないお部屋探しの鉄則。よりよい環境作りはメリハリを大切に。寛ぐ部屋、趣味の部屋、仕事部屋、家族の団欒の場所、食事の場所、メリハリをつけて快適に過ごすには、インテリアで雰囲気を変えるのがおすすめ♪

インテリアのおすすめは、NOCE
「NOCE」は名古屋にもお店を構える北欧テイストが売りの人気インテリアショップ。こちらは通販サイトからも購入が可能なので忙しい方にもおすすめですよ♪リーズナブルな家具から高級なビンテージまで値段もデザインも幅広い品揃えなので、引っ越しを機にお部屋の雰囲気を一新したい場合にも◎
全体のテイストに統一感があるのでインテリア初心者さんでもお部屋のプロデュースは簡単ですよ。お部屋のイメージが膨らまない時に、参考程度にのぞいてみるのも◎寝室は木の素材感重視で選んだり、仕事部屋はパキッと原色を取り入れたり、家具でお部屋にメリハリを持たせてはいかがですか?


お部屋のテーマは?

内装で後悔しないためには、テーマをしっかり決めておくことが大切です。

▼まずはテイストを決めるところから。モダン、ナチュラル、カントリーetc…お部屋ごとに考えてもいいですし、全体の雰囲気を統一しても◎

リビングのおすすめは北欧テイスト!白を基調としたシンプルで柔らかな雰囲気で開放感を大切に。
寝室は落ち着きのある雰囲気がお好みなら、モダンシャビーシックスタイルが◎ちょっぴりラグジュアリーに演出するならゴシックスタイルを意識するのがおすすめ!
書斎には遊び心を取り入れて、ミッドセンチュリーヴィンテージスタイルでインテリアを楽しむのもまたよし!

▼カラーバランスも大切に。

テーマが決まったら、
○ベーシックカラー
○サブカラー
○アクセントカラー

このみっつのカラーを決めましょう。
部屋全体の70%をベーシックカラー、25%をサブカラー、5%をアクセントカラーに配分すれば、全体のバランスは◎アクセントカラー次第でお部屋の雰囲気はガラッと変わるので、お部屋に合わせてよくご検討下さいね。また、アクセントクロスのお部屋であれば、内装も含めてインテリアを考えて下さいね♪


この記事を書いたスタッフ:
辻 亨太 RYOTA TSUJI

ico_clip この記事をクリップする

記事をシェアする

More search...

この記事を見た方に
おすすめの物件

全て見る
  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

この記事を見た方におすすめのコラム

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

タップで電話をかける
0800-222-9920
[受付時間]10:00〜19:00 水曜定休
[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内