1Rではじめるライフプランとは?

2018.07.21

1Rではじめるライフプランとは?

お部屋探しで重要視するポイントは人によって様々。とくに金銭面が気になる!という方は多いのでは?出来るだけ家賃を抑えたい!という方々にオススメの間取りは、やっぱり1R。

“でも、1Rってどんな間取り?なんとなくイメージはできるけど、具体的にはよく分からない!”なんて方のために、はい、ここで簡単にご説明いたします!


1Rとは?

1Rとは、キッチンスペースが含まれた部屋とキッチンの間に仕切りが無い1部屋だけの間取りのこと。トイレやお風呂以外の生活スペースが一か所に集約される形になりますね。

うん、考え方としてはかなりシンプル。仕切りが無い分、開放感があり風通しは◎でも場合によっては、玄関から部屋が丸見え?なんて不安も・・・・実際の暮らしぶりがどうなのかちょっと気になるところですよね。


1Rに住むメリットとは?

1Rならではのメリット、実はたくさんあるんです。金銭面でいうと、カーテンなどのインテリアを何枚も用意する必要がないのでお引越し代はその分浮きますよね。また一部屋しかないので、エアコンも1台で済むのが嬉しいところ。キッチンに立っている間も涼しいので、快適にお料理ができますよ。
また部屋が一つだと、掃除が手軽に済ませられるので、こまめに掃除できるのも◎

基本的に単身向けの間取りなので、駅近や中心部にもお部屋数が多くアクセス環境も◎仕切りがないぶん、生活動線を確保しやすく、忙しい人ほど生活しやすさを感じる間取りかもしれませんね。


1Rは安い、でも狭い、不便、というイメージで、一蹴されてしまいがちな間取りですが、実は1R=狭いって訳でもないんです。最近では2DKの少し広めなお部屋を1Rタイプに作り直している物件も。しかも同じ面積でも1Rの方がお値ちなのが嬉しいポイント♪お部屋の開放感を重視するのであれば、広い1R、いわゆる“スタジオタイプ”のお部屋を借りるという選択もありますよね。開放感のある雰囲気は、スタイリッシュな内装にこだわりたいお洒落さんにこそぴったりですよ!


1Rに住むデメリットとは?

お部屋を決める前には、1Rデメリットもしっかり抑えておきましょう。

間仕切りがない、ということは、洗濯機や冷蔵庫など家電もリビングに置かなければならないので、特に夜だとが気になってしまう可能性も。お部屋全体に生活感が出てしまうという不安もありますよね。またキッチンとの境目がないので、匂いの強いお料理をされる時はちょっと注意が必要です!小まめな換気が欠かせませんね。収納が一カ所しかないところも多いので、カラーボックスやDIYなどで工夫が必要になるかもしれませんね。


1Rに住もう。

1Rのお部屋に住むなら、お部屋を決める前には、他の間取り以上にしっかりと自分のライフスタイルや必要な荷物のシュミレーションが必須です。家具や家電の大きさを測っておき、内見の際に簡単な生活動線のシュミレーションをしておくのも◎より生活スペースを確保するためには、壁面を上手く使いこなす、“ディアウォール”などの賃貸でもできるDIYもおすすめ♪

金銭面を抑えつつ、アクセスもほどほどに良い広めのお部屋をお探しの方には、1Rタイプのお部屋がオススメです!


ico_clip この記事をクリップする

記事をシェアする

More search...

この記事を見た方に
おすすめの物件

全て見る
  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

この記事を見た方におすすめのコラム

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

タップで電話をかける
0800-222-9920
[受付時間]10:00〜19:00 水曜定休
[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内