1DKではじめるライフプランとは?

2018.07.21

1DKでの暮らし方

お料理や食事の時間を重視したいのなら、断然おすすめなのが11DKタイプ。毎日自炊派なら二口コンロも欠かせないはず。設備の充実具合にもこだわりたいところですよね。

「それって1Kと変わらなくない?」という方のために、まずは1DKの間取りを説明しつつその魅力をご紹介してまいります!

1DKとは

似て非なる1Kと1DKの違いはずばり「キッチンスペースの広さ」です。キッチンが4.5帖未満なら=1Kで、4.5以上8帖以下なら=1DKになります。

「なんだ~広さが違うだけか」と思ってしまいそうなところですが、実はは広さが違うだけで暮らしぶりはけっこう変わってくるんです。

1DKに住むメリット

1DKの大きな魅力は食事と睡眠を分けて生活できること。

◎ダイニングキッチンにテーブルを置いて食事スペースを確保できるので寝食スペースをきっちり分けられるんです。もちろんキッチンスペースが広いのでお料理にこだわる方には俄然おすすめ。テーブルやベッドなどちょっと大きめのものを選んでもスペースを確保できるのが嬉しいポイントですよね。お料理の匂いや煙をリビングから隔離しやすい点もありがたい!

また、急な来客時にもリビングの戸を閉めたり、仕切りを利用することで、生活空間を見せずに対応できる点も◎一人暮らし向けの間取りの中で、生活スタイルに合わせて一番柔軟に対応できるのがこの間取りなんですよ!

1DKに住むデメリット

単身向けの物件では群を抜いてフレキシブルな1DKですか、1K、1Rに比べると、やっぱり家賃相場はやや高め

また、ライフスタイルの中でお部屋で過ごす時間の重要度が低く「寝に帰る」程度の感覚であれば、1DKのお部屋に住んでも持て余してしまう可能性大。お掃除、整理整頓が苦手な方や「家事の時間を最小限にとどめたい」とお考えの方にもやや負担の大きすぎる間取りかもしれませんね。

間取りを決める際には、自分の性格や生活も客観的に分析して、相性のいい間取りを選ぶことが大切ですよ。

1DKに住もう

キッチン周りの充実を考えれば、やっぱり1DKが魅力的。スペースさえ確保できれば、オーブンやミキサーなど、場所を取る家電も置けて料理の幅はぐっと広がりますよね。別でチェストを用意して、お好みの調理器具を必要なだけ揃えることも!自炊派の方や、来客の多い方には心強い間取りです。

ただ一見広々見えるダイニングですがいざ、調理器具やテーブルを置くと思っていたより狭いかった…!なんて感じることも。お部屋を決める前には、「家事動線」をしっかり確認しておきましょう。

【家事動線とは】

○洗濯をする・干す・しまう
○買い物から帰ってきて物をしまう
○料理をする
○掃除箇所と手順

などなど、家事を行うとき、一連の動作をするために予想される動きのこと。手順や方法は人それぞれですから、不便がないか一度しっかりシュミレーションして確かめておきましょう。


ico_clip この記事をクリップする

記事をシェアする

More search...

この記事を見た方に
おすすめの物件

全て見る
  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

この記事を見た方におすすめのコラム

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

タップで電話をかける
0800-222-9920
[受付時間]10:00〜19:00 水曜定休
[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内