2LDKではじめるライフプランとは?

2018.07.21

2LDKではじめるライフプランとは?

2DKになってくると、個室が確保できたり、収納部屋ができたり、部屋の作りの選択肢も増えてきますよね。ただ部屋数の多い物件って、どんな基準で決めたらいいのか分からなくなっちゃいますよね。そもそも、2DK2LDKの違いって、何だか知っています?“あれでしょ?部屋の数が違うんでしょ?”くらいに思っている方のためにも、ちょっと説明させて下さい!


LDKとは?

2DK2LDKとは、実はお部屋の数ではなくダイニングキッチンの広さによって区別されるんです。2LDKとは、2部屋+リビングダイニングキッチンで、リビングダイニングキッチン部分が10帖以上ある間取りのこと。

2LDKと2DK、お部屋の数は変わらないのですが、家賃相場にはやや差があるんです。例えば名古屋市内、中区の場合であれば、大体2万~3万円近くの差が!“ダイニングキッチンの広さでそんなに値段が前後するなら2DKでいいや。”と、安易に考えてしまいがちですが、広さが少し違ってくるだけでも、ちょっと事情は変わってくるんです。


LDKに住むメリットとは?

実は2LDKって、最近になってから流行し出した間取りなんです。
だから比較的築年数の浅い物件が多いんですよね。使用感のない綺麗なお部屋で新生活を始めたい方には狙い目!またリビングが広い分、二人の共有スペースがしっかり確保でき、それとは別に個室が2つあるので、一つを寝室にすればもう一つを収納部屋に活用することも。お洋服が多い場合には、小さいほうのお部屋をウォークインクローゼットにしても◎住む人の個性に合わせて住み分けられるのが2LDKの魅力。

また基本的にファミリー向けに設計されている分、水周りの設備など充実しているところも◎“二人でいる時間は近い距離でコミュニケーションを大切に。でも一人の時間も大切にしたい。”という場合には2DKのお部屋でそれぞれを個室を持つのもいいかも。

二部屋あると、暮らし方かなりフレキシブルになりますよね。


LDKに住むデメリットとは?

お部屋が増えれば、お家賃もそれなり。ネガティブポイントもしっかり押さえておきましょう。

金銭面で言えば2LDKは、築年数の浅い物件が多い分、家賃はやや高めの設定。そして2DKに比べ物件数が少ないので、条件にこだわるとちょっとお部屋探しに苦労するかもしれませんね。

また、2LDKの場合主な生活スペースの面積が広い分、お掃除や整理整頓など日々の家事がちょっと大変。キッチン+二部屋となるとなかなかの負担ですよね。リビングでくつろぐ時間がそれほど多くないのであれば、2DKでコンパクトにおさめてしまってもいいかもしれませんね。この辺りは生活パターンに合わせて慎重に検討することが大切ですよ。


LDKに住もう。

暮らしの変化とともに住み替えられるのが賃貸の魅力。ただ、部屋数が増えてくると、それだけ初期費用や引っ越し代もかさんできますよね。

実際に住み始めたら、ほとんどリビングにいて2部屋もいらなかった。逆に個室とは別に収納部屋が必要だった・・・etc etcお部屋が広くなると、暮らしをシュミレーションするのもちょっと難しいですよね。

【ちなみに、新婚カップルさんに聞いた
人気の間取りTOP5】は以下の通り!

●1位 2LDK
●2位 2DK
●3位 3LDK
●4位 3DK
●5位 1LDK

やはり、個室がひとつずつ確保でき、共有スペースも充実した2LDKは一番人気なんですよね。コストカット重視で無理をしてまでコンパクトな間取りを選んで、結局引っ越すことになってしまったら、本末転倒。無駄な出費をしないためにも、コストよりも生活の個性を優先してお部屋を選ぶことをおすすめします!


ico_clip この記事をクリップする

記事をシェアする

More search...

この記事を見た方に
おすすめの物件

全て見る
  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

この記事を見た方におすすめのコラム

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

タップで電話をかける
0800-222-9920
[受付時間]10:00〜19:00 水曜定休
[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内