3LDKではじめるライフプランとは?

2018.07.21

3LDKではじめるライフプランとは?

3LDKのお部屋になると、夫婦や子供のいる家族住まい、ルームシェアなど様々なスタイルに合わせてより自由に住み分けわれますよね。

“たしか広いけど、部屋数が増えると、ややこしくて暮らしぶりがうまく想像できない・・”という方のために、まずは簡単に3LDKのご説明を!


LDKとは?

3LDKとは、3部屋+リビングダイニングキッチンかつ、LDKが8帖以上のお部屋のこと。主な生活スペースとなるリビングとは別に3部屋確保された間取りということになりますね。と、まあ、つくりだけ分かったところでなかなかイメージし辛いので、具体的に3LDKのお部屋に住むメリットを見ていきましょう。


LDKに住むメリットとは?

3LDKのお部屋に住むと、やはり間取りの余裕は圧倒的。

たとえば新婚さん。寝室とは別にそれぞれが個室を持つもいいですし、子供ができたら子供部屋にするのもいいですよね。家族設計が定まってないご家族の暮らしの変化に合わせて暮らし方を変えていけるのが◎何度も引っ越しを重ねたくない!というご夫婦におすすめの間取り。小さなお子さんがいる家族で住む場合でも、寝室と子供部屋とは別にもうひとつ部屋が余りますよね。

書斎にするもよし、
物置として使うもよし。
客間にするもよし。

家族向きということもあり、分譲賃貸やハイグレードの物件が多いので賃貸と言えど、一戸建てタイプやメゾネットタイプなど、いい意味で賃貸っぽさがない物件が多いのも◎暮らし全体の自由度が上がるのでお部屋の充実を重視するなら断然おすすめですよ。また収納力も大きな魅力。荷物に圧迫感を感じずにインテリアを楽しめそうですよね♪


LDKに住むデメリットとは?

ただ部屋数が増えた分、決断も慎重に。

“お部屋の初期費用は、家賃の6か月分あると安心”と言われていますから、3LDKともなるとやはり金銭面の負担もそれなり。“いざ引っ越してみると、貯金がすっからかんで生活が苦しい!”ということがないよう、最低でも家賃の6か月分程度は準備はしておきましょう!

また3LDKは基本的に物件数が少ないため、こだわって探せない可能性も。お部屋探しにはそれなりの時間をかける覚悟が必要かもしれませんね。また、3部屋あれば大丈夫だろう、とざっくりした感覚で決めてしまうと、寝室には狭すぎ、収納部屋にしては広すぎ・・・etcお部屋の用途を、事前にしっかり決めておかないと、使い道に困ってしまったり、逆に持て余してしまうなんてこともあるのでご注意を!


LDKに住もう。

フレキシブルなライフプランをお望みであれば、3LDKはかなり魅力的。

ただ、意外にも盲点なのが日々のお掃除のこと。当然のことながら、お部屋の数が増えるほどお掃除は大変に。日々の負担を減らすためには、お部屋作りで工夫してみてはいかがでしょう?

たとえば、「ソファ選び」。モップや掃除機で下を掃除するときのことを考えて、足の長いものを選ぶのが◎「コード類」は絡まってお掃除の邪魔になることがないように壁伝いに固定しておくか、専用のボックスにまとめておくのがマスト!ちょっとした収納は、すぐに動かせるようにキャスター付きに!

事前にこれだけ意識してお部屋作りをするだけでも、お掃除はぐっと楽になりますよ♪それぞれ部屋の用途を決めておき、子ども部屋は月・金、寝室は火・土など曜日によって決めておくのも◎「水周りを徹底的する日」や、「拭き掃除を徹底する日」を作ると、毎日の家事にもメリハリが出ますよね。一口に3LDKと言っても間取りの形は本当に様々。お部屋探しの際には、家事動線もしっかりイメージしてからご決断下さいね。


この記事を書いたスタッフ:
辻 亨太 RYOTA TSUJI

ico_clip この記事をクリップする

記事をシェアする

More search...

この記事を見た方に
おすすめの物件

全て見る
  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

この記事を見た方におすすめのコラム

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

タップで電話をかける
0800-222-9920
[受付時間]10:00〜19:00 水曜定休
[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内