都心とのほどよい距離感に住む、久屋大通駅

2018.10.01

都心とのほどよい距離感に住む、久屋大通駅

- Contents

名古屋のランドマークの一つでもあるテレビ塔。その両サイドに走る大通り・久屋大通は戦後、名古屋市の中心部「栄」を南北に貫く100メートル道路として誕生しました。その北側にある駅・久屋大通駅は地下鉄・名城線と桜通線・2路線の駅として毎日多くの利用者が行き交います。

桜通線は名古屋市の玄関口である名古屋駅へ3駅とアクセスがよく、もう一方の名城線も地下鉄環状線としての役割を果たしており、他路線との接続も非常に良い路線です。隣の栄駅は名古屋市の中心地として多くの人が集まる賑やかなエリア。

その流れを受けて、市バス、各私鉄バス、JRバスなどが発着する規模の大きいバスターミナルも徒歩圏内にあり、バスでの移動も便利な場所になっているんですよ。名古屋のお買い物スポットとして賑わうエリアのため昼間は活気があり賑やかですが、夜は住む人たちのプライベートの地域へと変わっていく二面性のあるエリアです。



徳川の名残が感じられる名古屋の「碁盤の目」

徳川家康が名古屋城を建設する際、城の防衛のため、西、東、南に寺院を置き、その内側に武士が住む区域を、その南側に町人の住む地域を築きました。現在もその名残があり、久屋大通の周辺、名古屋中心部は碁盤の目のように東西南北がわかりやすい区画となっています。

駅の地上を走る桜通は、真っ直ぐ西に走れば5分ほどで名古屋の玄関口、名古屋駅に行くことができます。市バスの便も良く、少し北に位置する市役所や県庁、この周辺一帯の医療の要である、総合病院の国立病院機構・名古屋医療センターへのアクセスも良好です。


公園が街を「創る」

南北に走る久屋大通の間には、中央分離帯の役割として1.7キロにわたって作られた久屋大通公園があり、エリアごとに多様な姿をみせてくれます。特に駅の近くはまるで森のよう。大きな木に囲まれた並木道が続いています。一歩足を踏み入れると都会の中にいることを忘れてしまう癒しの空間が広がり、道行く人も一呼吸して安らぎの時間を過ごせそう。日中は多くの人が行き交いますが、午前の早い時間はジョギングする人の姿も多く見られますよ。

久屋大通公園では、一年を通して大小様々なイベントが開催されています。「にっぽんど真ん中祭り」、「名古屋オクトーバーフェスト」をはじめ、ほぼ毎週末、イベントが開かれているのでとても盛り上がります。何も予定がない週末でも、一歩外へ出かければ、そこはもうすぐイベント会場。その時その時の話題のものが集まる、刺激いっぱいのエリアです。


名古屋随一のショッピングエリア

名古屋のショッピングスポットといえば栄。久屋大通は、栄からつながる地下街・セントラルパークでつながっており広範囲にわたるショッピングエリアの一角を担っているんですよ。

もちろん、久屋大通駅から栄駅まで地下鉄・名城線に乗って一駅ですが、多くの人はセントラルパークを歩きながらショッピングをしつつ、行き来します。地下街も縦横にわかりやすく区画され、途中の名鉄瀬戸線の駅・栄町駅を通りすぎると、地下鉄の主要路線である東山線・栄駅に着きます。

栄から先も地下街を通って、三越百貨店や、バスターミナル直結のオアシス21や県美術館やコンサートホールが入る愛知県芸術文化センターまで地下から直結で行くことができる便利さ!そのほか、久屋大通駅直結のANNEXセントラルパークには、日々の生活に必要なものが揃う無印良品や、趣味人には嬉しい東急ハンズなど各階様々なテーマに沿った楽しい店舗が揃っていますよ♪



渋いモダン、グルメな街に住む

「豆家茶寮」や「シェ・シバタ ブロッサ店」などグルメなレストランがテナントとして揃うオフィスビルと商業施設が一体となったBlossaが久屋大通り沿いでは外せません!この建物には接待・パーティなどにも使われる有名和食店から博多一風堂、その他ファストフード店も豊富で、カジュアルに外食をしたい日などにぴったりのお店が見つかります。

また、繁華街から少し離れれば隠れ家風の小さなワインバーや、日本酒に特化した和食店、イタリアン・レストランなど、表通りに並ぶ店とはまた趣向の違った飲食店が随所にみられ、特別な行きつけのお店も見つかりそう♪飲食店のみならずこだわりの物を置く雑貨店や、ブランドの路面店などお洒落な人が通うお店が点在しているのもこのエリアの特徴です。

背の高いマンションが並ぶ都会的な街ですが、古い建物も多く残っており、古民家をリノベーションしたカフェなど、ゆっくりと時間を過ごせる場所も多い久屋大通。ひとたび歩けば風通しのよい街並みが広がり、街の真ん中にいることを忘れるようなひとときを過ごす、住んでいるからこそ見つかる景色が多いのもこの街の魅力です。

憧れのデパ地下グルメも、グルメな人が通う有名店も、毎日の生活に自然と溶け込んでいく、非日常が日常となっていく刺激の多い街です。

 

 

 


この記事を書いたスタッフ:
辻 亨太 RYOTA TSUJI

ico_clip この記事をクリップする

記事をシェアする

More search...

この記事を見た方に
おすすめの物件

全て見る
  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

タップで電話をかける
0800-222-9920
[受付時間]10:00〜19:00 水曜定休
[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内