知っていればスムーズ!?わたし流 良い物件に出会うためのコツ

2018.11.09

就職や進学での一人暮らしや、彼や彼女との二人暮らしを始めるときなどの部屋探し!新しい部屋へのワクワクした期待がある反面、「良い条件の部屋が探せるかな?」「まわりに住んでいる人はどんな人なんだろう?」などと不安になります。

必死で探しているのに、いつまでたっても部屋が決まらないとか、あせって決めた部屋に住んでみたら、ぜんぜん落ち着かない雰囲気だったなんて悲しいですからね。

部屋探しで良い物件に出会いたいときってどうすればいいんだろう?と悩みがち迷いがちな人も多いと思います。そんな方のために、私が部屋探しをするときに、チェックしているポイントやコツなどを紹介します。ここだけは押さえておくといいよ、ここをチェックしておくと心強いよというポイントなので、知っていれば部屋探しがスムーズに進むと思いますよ!

 

1. 内見の前にできること?じつはいろいろあるんです

賃貸情報サイトで気になる部屋を見つけたとき。内見する前に、スマホやパソコンで事前に調べられる情報って意外に多いことを知っていますか?

 

1-1.賃貸情報サイトの第一印象を大事にしています

賃貸情報サイトで部屋探し。スマホやパソコンなどから、自分が希望する部屋の条件を入力するだけで、たくさんの物件が見られるので利用している人が多いようです。

家賃や場所、部屋の間取り、玄関、シューズボックス、キッチン、トイレ、お風呂、リビング、寝室、収納、エアコン、窓の大きさ、窓からの眺めなど、サイトを見るだけで、おおよその部屋の様子がわかるようになっているのは、ほんとうに便利だと思います。

私が検索サイトで部屋を見るときに大事にしているのは、「この部屋いい感じだな」とか「このキッチン使いやすそう」などの、第一印象です。じつは、最初にぱっと見たときの印象って、意外にあたっていることが多いのです。

「広くて家賃も手頃だけど、ちょっと大丈夫かな?」と第一印象で感じた物件に住んでみたことがあるのですが、後になってやっぱり最初の印象があたっていたなと感じる困り事が出てきたことがありました。それ以来、サイトで物件検索をするときは、最初にその部屋をどう感じたか?という点を大事にするようにしています。

 

1-2.サイトの写真と実物の印象が違うけど?

家賃が許容範囲で、間取りもOK、写真でチェックしたところ雰囲気も良さそうと思ったら、すぐにでも内見してみたくなります。このときに気にかけるようにしているのが、サイトの写真と実際の物件のギャップです。

じつは賃貸情報サイトでは、部屋全体を1枚の写真に写し込むために広角レンズで撮影していることが多いのです。広角レンズで撮影した部屋は遠近感が強調されてしまうため、実物よりも広く見えるように写っています。

ワンルームなどで、「6畳なのに意外と広い!」と思って内見してみたら、想像よりも狭く感じてがっかりということがありました。なぜ、サイトの写真と実物の部屋の広さに大きな差を感じたんだろうと考えていて、写真の撮り方に原因があるとわかったのです。それ以来、サイトの写真と実際の部屋は、多少誤差があるものと理解しておくようにしています。

 

1-3.GoogleマップとGoogleストリートビューを活用する

物件の周辺環境も気になる大きなポイントです。内見した日などにある程度チェックすることはできますが、駅からの距離やコンビニ、スーパーの有無、ファストフードや日頃よく利用する飲食店など、自分にとって住みやすい環境かどうかを一度にすべて把握するのは意外にむずかしいし、そのための時間がとれない場合が多いです。

そんなときに利用しているのが、GoogleマップとGoogleストリートビューを活用すること。日常生活に欠かせないお店以外にも、周辺の交通事情や銀行、役所、図書館、病院、歯科医院などの機関が、利用しやすい距離にあるかチェックしておくと安心です。ほかに、仕事のシフトの関係で平日の昼間に部屋にいることがあるので、工場や幼稚園、学校など、騒音が気になるような施設の有無も確認するようにしています。

Google ストリートビューは、物件の外観やまわりの雰囲気、周辺の建物との距離などを、事前に把握しておけるのでおすすめなんですよ。


2. 内見のときに大切なことは?ポイントを決めてチェックしています!

賃貸情報サイトで気に入った部屋を、実際に内見することになりました。そんなときに忘れずにチェックしたいポイントは、意外なところにあるんです。

 

2-1.集合ポストは、防犯性の高さに注目します

物件の内見で最初にチェックするのが、集合ポストの形状。差込口に手がいれられる形状だと、自分宛ての手紙などが盗難にあったりすると友人に聞いてから、差込口が狭くて鍵がかかるタイプのポストを条件にしています。

 

2-2.玄関の間口の幅、ドアの開き具合も忘れずに

ソファやベッドなど、自分が持っている家具が玄関から入れられるかどうかはチェックしたい重要なポイントです。あまり気にしていなかったことなのですが、玄関の幅とドアを開いたときの角度によっては、手持ちの家具が入らなくてあせったという話をネットで読んで、自分も忘れずにチェックするようになりました。

 

2-3.シューズボックスは、実際に使う場面を想像します

玄関部分で確認したいのは、シューズボックス。ブーツや長靴など長さや幅のある靴をうまく収納できるかどうかをチェックします。シューズボックスは、傘なども収納できたり棚が可動式のものだったりすると、ベストです!

 

2-4.キッチンのシンク下は大丈夫?

キッチンでは、流しの下を開けてみてカビや湿気がないかなどを確かめます。ぱっと開けてみたときに、清潔感を感じるかなども気にしていますよ。

 

2-5.クローゼットに、コートはかけられる?

これまで住んだ部屋の中には、収納が押し入れのみという物件もありました。その場合、押し入れをクローゼット代わりとして使うことになりますが、コートの収納など、実際に使う場面を想像しながらチェックしています。

 

2-6.サッシの近くに湿気を見破るポイントあり!

冬の時期の結露などはかなり気になるポイントのひとつ。これは外側に面した窓のサッシの周辺などに、カビが発生していたり変色している部分があるかどうかで見極めます。壁紙の一部が湿気で波打っていたりしないかなども、さりげなくチェックするようにしています。


3. 気になる部屋の防音性!どこで判断すればいいの?

私の場合、部屋探しでいちばん気にしているのが防音性です。やっぱり自分の部屋にいるときは穏やかな環境でリラックスして過ごしたいし、ぐっすり眠りたいですからね。

内見では、防音性を確かめるために、壁に耳をつけてみる、壁を叩いてみるなどの方法があるといわれているのですが…。これらの方法って、実際にやってみても、わかったようなわからないような感じでおわってしまうことがほとんどです。壁の音で判断するのって、その道のプロでもない限りむずかしいな~とつくづく思います。

防音性については、不動産屋さんに、騒音が気になるので防音性を重視していると正直に話すのがいちばんだと思っています。不動産屋さんのほうが物件についてはくわしいので、建物の造りや同じ物件に住む人たち、例えばひとり暮らしでお勤めの人が多い、学生さんが多い、これまでの騒音に関するトラブルの有無など、必要な情報を教えてもらえることが多くて助かっています。

→合わせて読みたい!「もう騒音に悩まない!騒音トラブルに巻き込まれない部屋探しを伝授!」の記事


4. 内見で使えるテクニックと見逃しポイント

以前は、内見のときって、不動産屋さんの説明を聞きながら、ただ部屋を見るだけで終わってしまうことも多かったのですが、最近はスマホを活躍させています。

 

4-1.可能なら写真を撮らせてもらいます

内見ではじっくり見ていたつもりでも、時間がたつとあれどうだったっけとあやふやになることが多いです。特に、短い期間で複数の物件を見ていたりすると、イメージが混ざってしまったりすることもあって困ったことに!

私は、あとで確かめられるように、許可を得て何枚か写真に撮っておくようにしています。写真があれば、実際にその部屋に住むことになった場合に、家具の配置をシミュレーションできます。照明を自分で準備する場合でも、接続部分の形状が先にわかっていれば準備も楽になるんですよ。

 

4-2.スマホの電波はしっかり入る?

周辺の建物の密集度や障害物によっては、まれに電波状況が悪いことってありますよね?「窓の近くに行かないと電波が入らない!」と入居してから泣くことにならないよう、現地の電波状況はチェックしておくようにしています。

これは、どこにいてもあたりまえのように電波が入る環境で暮らしていると見落としがちなので、忘れないようにしています。

 

4-3.メモして内見

以上のチェックポイントやほかに気をつけたいこと、質問したいことは、スマホにメモしておいて、内見のときにひとつずつ確認する方法をとっています。メモしておくと見落としがないので、かなりおすすめですよ。

 

【まとめ】住みたい部屋をしっかりイメージしておくが大事!

良い物件に出会うためのコツについて紹介しました。チェックすべきポイントはいろいろですが、自分が住みたい部屋を日頃からしっかりイメージしておくことも、良い物件との出会いには大事だと思っています。


この記事を書いたスタッフ:
小倉 一記 KAZUKI OGURA

ico_clip この記事をクリップする

More search...

この記事を見た方に
おすすめの物件

全て見る
  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

  • +

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

    • +

      閉じる

間取り

必須条件

こだわり条件

この記事を見た方におすすめのコラム

お店で直接相談したい方・
お問い合わせ・ご質問は
ここからどうぞ

タップで電話をかける
0800-222-9920
[受付時間]10:00〜19:00 水曜定休
[ 受付時間 10:00〜19:00 水曜定休 ]
店舗案内